「南無アッバミサ」 次第

主よあわれみ給え・・・・

         の代わりに

主よ、わたしたちの思いをお受け入れください。

――――――――――――

答唱句(書簡と福音の間)

みなでおとなえください。

 アッバ アッバ 南無アッバ

 イエスさまにつきそわれ、生きとし生けるものと手をつなぎ

 おみ風さまに包まれて

アッバ アッバ 南無アッバ

――――――――――――

聖なるかな 聖なるかな・・・・

            の代わりに

    ↓

 アッバ アッバ 南無アッバ

 アッバ アッバ 南無アッバ

―――――――――――――

奉献文は第二奉献文です。

―――――――――――――

ミサのあとに、「風の家の祈り」をごいっしょに唱えます。

このプリントは毎回使いますので、

ご自身で保管、ご持参ください。

紛失された方は、右のサイトからプリントアウトすることができます。

「風の家の祈り」

 

アッバ。

利己主義に汚れている私たちの心を、

あなたの悲愛の息吹きで洗い浄めて下さい。

空を行く雲、小川のせせらぎ、

一輪の野の花が捧げる祈りに合わせて、

私たちの祈りを

あなたの御前で澄んだものとして下さい。

人々の弱さ、欠点、罪を裁くことなく、

まずこれらを受け入れられた御子イエスの

悲愛の心に、私たちの心を近づけて下さい。

また、御子イエスが、

深い哀しみと痛みを背負って、

重い人生を歩んでいた人たちの心を映しとり、

受け入れ、友として生きられたように、

私たちにもそのような人々の心を映しとれる

友の心をお与え下さい。

苦しみも、哀しみも、喜びも、すべてを

あなたの御手から受けとることによって、

私たちの日々の生活が、あなたの悲愛の

息吹きの働きの場となることができますように。

主キリストによって アーメン。

 

 

スタッフからのお知らせ:

都合により、やむを得ずミサが中止になる場合もありますので、次回お出かけ前に、次のサイトをご確認ください。携帯電話でもアクセスできます。

Yahoogoogleなどの検索窓から

「南無アッバミサ」スタッフより

と検索するか、

アドレス窓に、半角小文字英数キーで、

namuabba.blog116.fc2.com

と入れて、アクセスしてください。

その他、「風編集室」のホームページ、平田栄一のサイトからもリンクしています。

ホームページ「南無アッバミサスタッフ」よりへ